~え!?何この部屋・・・クセが強すぎる間取り特集~【更新】~え!?何この部屋・・・クセが強すぎる間取り特集~ | 新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産のことなら株式会社ランドスタイル

048-487-7225
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
営業時間;10:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日
  • ~え!?何この部屋・・・クセが強すぎる間取り特集~2019-11-26



    どうも!こんにちは。
    ランドスタイルのかねこです。

    突然ですが、皆さんご存知でしたか?
    今年も残すとこ
    あと36日で2019年が終わろうとしているんです。
    あなたにとって今年は『あっという間の1年間』でしたか?
    それとも『この1年間長かったな』でしたか?

    私はあっという間でもあり、長かった1年でした。
    (どっちなんだよ!という声が聞こえてきそうですね。笑)




    さて今回のブログ内容は


    ”クセが強すぎる間取り物件特集”

    この世の中『何だこの間取りは?』という珍物件が数多く存在します。
    今回はそんなクセのある(変わった)物件をいくつかご紹介いたします!

    面白い間取りばかりですよ~



    ケース1
    『トイレの中でこんにちは!』

    先ずはこちらの間取りをご覧下さい。
    パッと見、変な所は見られないような気もしますよね。



    よーく見てください。
    そう、
    ”トイレ⇒トイレ⇒バスルーム”というヘンテコな間取りなんです。
    そして自室のトイレに入ると横にはアコーディオンカーテン。。。
    これを開けると『あら、こんにちは!あなたもトイレ中でしたの?オホホ』になる可能性大!

    隣人のオナラが聞こえる距離感はとても斬新的だ。
    しかも左側の部屋に住むと、自分の部屋のトイレ⇒隣人トイレ⇒バスルームというコースを通らなくてはいけない。

    都合悪くアコーディオンカーテンを開け進もうとしても、隣人が用を足していたらお風呂に入れない事態!
    お風呂のガス代や水道代は共同で支払うのだろうか?

    きっと変則的な二世代住宅なんだろう・・・。きっとそうだ!

    隣人が美女だったら喜んで住みたい所だが、中年のおっさんだったら・・・。
    部屋の良し悪しよりも先ずは隣人を見てから入居を考えたい、そんな物件ですね。





    ケース2
    『外出・帰宅時がいつもスプラッシュマウンテン』

    さっそく間取りをご覧いただこう!
    もうお気づきですね?



    ここは夢の国も驚く、
    ”行きも帰りもスプラッシュマウンテン状態”なんです。
    ひと昔前にある『お帰りなさい。先にご飯にする?それともお風呂?』
    という会話をぶった切る、有無を言わさず帰宅時に即ザブーンになる。

    洗濯が面倒な人は、帰宅時にそのままお風呂に入るのもありなのだろう。
    服を濡らしたくない人は玄関の外で脱ぐのだろうか?

    『お巡りさんこいつです!』と言われかねないですね。

    一番やっかいなのは、同居人が住んでいた場合だと思います。
    外出したい際や帰宅時にお風呂に入られていると
    いつも『のび太さんのスケベー!』という感じになる予感しかしない。
    住む人が試される物件ですね。





    ケース3
    『この世に無駄なドアなんて存在しないんだ!!』

    こちらの物件、住むには何の申し分もない物件です。
    何がヘンテコかって?



    そう、
    玄関を開けたらまたドアが目の前に。

    部屋探しをするとき、部屋とキッチンが仕切られているかがポイントになる方もいるのではないでしょうか?
    玄関を開けたときに室内を見られたくない!
    そういう方には持って来いの物件。

    ・・・玄関とリビングダイニングキッチンの間には扉がある。
    しかしその横に壁は存在しない。なぜか扉が設置されている。
    何故なんだ?
    「ドアじゃなくて壁で良いじゃん!」って?
    そこはご愛嬌ということで。
    ドラえもんごっこが出来ますよ?(笑)





    ケース4
    『収納の、収納による、収納のための、収納部屋』

    パッと見で変わった物件なのは言うまでもなし。



    整理整頓が好き等、律儀な感じ、堅実な感じ

    実は嫌いじゃないです。
    1つひとつ、丁寧に収納、ここにも収納、あれはここに入れよう。
    几帳面は良いですよね。

    でもよーく見てください。
    この間取り、どこにベッドを置いたら良いのだろうか?
    収納に囲まれすぎて家具の配置が大変ですね。


    まぁそれも、収納しちゃえば良いか!




    ケース5
    『観音開きフェチ』



    「そうそう!これ!こういう物件をさがしていたの。観音開きが大好きなんです~」
    きっと世の中には観音開きフェチな方が存在する。
    だからこの部屋が存在するんですね。

    セカンドハウスとしてならアリなような気もしますね。
    灯台みたいなつくりなので陽当りはすごく良さそうです。
    (夏はどうなんだろうか?カーテン沢山必要だ・・・)
    周辺を一望した!そういう方の要望にも応えられている物件です。
    パーティールームにも行けそうですね。





    ケース6
    『ねぇなんで?お願い!もう1部屋増やして~』

    最後はこちら




    友「今どんな家に住んでんの?」
    自「56畳ある物件に住んでるよ!」
    友「すげー!見せてよ!」

    先ずはこんな会話ができちゃう間取り。
    いや間違ってはいないけど、思っていたのと全然違うやん!
    この間取り、そもそも洋室6畳とベランダ50畳の比率が合っていない。
    ベランダ50畳もあるなら
    ”部屋をせめてもう1つ増やして欲しい”のが本音ではないだろうか?
    使いこなせる自信が無い。使い道が見えない・・・
    ッ!!

    家庭菜園やガーデニングが趣味ならこの上なく捗る!
    いやいや、天然の日サロ場として提供するのもアリなのか?
    ペット飼育可なら散歩もいらない広さ。

    こうして思考を巡らせると、使い道は無限大かもしれない。


    (でもやっぱり、もう1部屋欲しい・・・)




    いかがでしたか?
    本当はもっともっと
    『クセが強い間取り物件』をご紹介したかったのですが、
    今回はここまで。


    たまにはこういうオモシロ間取り物件もご紹介いたしますね。







    そうそう最後に

    【ランドスタイルでは、クセが強い間取りは造っておりません!ご安心ください。】

    ご要望がある方は相談に乗ります。(笑)
    SNSを騒がせるウンとクセが強い間取りにしませんか?


    それではまた次回(^_-)-☆



    ランドスタイルのFacebookとInstagramやっております!
    良かったフォローしてください。
    弊社の施工例写真も掲載しております!

    Facebook:~ランドスタイルのフェイスブックページはこちら~

    Instagram:~ランスタグラムはこちら~



     


    ページ作成日 2019-11-26

カレンダー
 << 2020年7月  
ブログ&お知らせ

店舗紹介

店舗写真

株式会社ランドスタイル〒352-0002
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル TEL : 048-487-7225
FAX : 048-487-7226
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 火曜日・水曜日

会社概要
事業案内

新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産購入・売却・建築のことならランドスタイルにお任せください 我々、株式会社ランドスタイルは常に安全で安心して頂ける取引を心掛ける共に、顧客満足を追求し幸せな住生活を過ごして頂く為に最善の努力を致します。

10:00~19:00
定休日:水曜日
TEL:048-487-7225埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
QRコ-ド
スマホ対応