バレンタインデーとホワイトデーの起源【更新】バレンタインデーとホワイトデーの起源 | 新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産のことなら株式会社ランドスタイル

048-487-7225
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
営業時間;10:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日
  • バレンタインデーとホワイトデーの起源2019-03-14


    どうも、こんにちは!
    金子です。

    今日はホワイトデーですね。バレンタインデーにプレゼントを貰った方がお返しをする日でもありますが、『いったいこのイベントはどうやって生まれたのか』『お返しをするプレゼントに込められた意味』も書いていきます。
    バレンタインデーにプレゼントを貰ってなくても、日ごろの感謝の気持ちを込めて今日こちらからプレゼントするのも素敵だと思いますよ?

     



    先ずはバレンタインの起源から

    レンタインの歴史はローマ帝国時代にまでさかのぼります。
    ・当時の皇帝『クラウディウス2世』は若い世代が戦争に行きたがらないのにイライラしていた。

    ・故郷に愛する人や家族がいるのが原因だ!

    ・そこで皇帝は『戦争に行かないから結婚禁止な!』というコトで結婚が出来なくなってしまいました。

    ・それを見かねたキリスト教司教の【ウァレンティヌス司教(バレンタイン)】が皇帝に内緒で婚姻をさせていた。

    ・その行いが皇帝の耳に入り、激怒した皇帝は二度と結婚なんかできないように『ウァレンティヌス司教を処刑』してしまいます。

    ・処刑された日が2月14日となり、皇帝の拷問に屈しなかった愛に溢れる司祭を讃える日として『2月14日がバレンタインデー』になりました。


    (ウァレンティヌス司教)

    では2月14日に送るプレゼントがなぜチョコレートなのか。。。


    本では1958年頃から流行したとされているが、その内容は日本独自に発展を遂げていました。
    ・日本社会に定着し始めたのが、1970年代後半頃『女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する』という【日本型バレンタインデー】の様式が成り立ちました。
    バレンタインデーにチョコレートを渡すのが良いと最初に考案したのが一説に【大田区の製菓会社、メリーチョコレートカムパニー】という説があります。
    ・最有力の説だと、【神戸のモロゾフ製菓(現モロゾフ株式会社)】が外国人向けの英字新聞に『あなたのバレンタイン(最愛の人)に、チョコレートを贈りましょう』という広告をメリーチョコレートカムパニーより先に掲載していたとされ、モロゾフ製菓がバレンタインデーを最初に考案した仕掛人とされています。

    日本の場合ですと、このウァレンティヌス司教は殆ど関係が無いような感じがしますね。。。
    では、ホワイトデーの起源も見てみましょうか。

     

    ホワイトデーのお返しは『マシュマロ』

    レンタインデーが定着してきた日本で菓子業界は、『お返しをする日を設けたらどうか?』という案を各企業持ちあげていました。個々に独自のキャンディーやビスケット、マシュマロなどをお返しの品として上げており不二家も『リターン・バレンタイン』という名目でお返し用菓子の販売促進をしていました。


    ワイトデーのお返しは『マシュマロ』と広めたのは白いマシュマロ菓子の『鶴乃子』で知られる福岡県の
    老舗菓子屋『石村萬盛堂』とされている。
    バレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも渡してほしい旨の文章が少女雑誌に掲載されているのを目にした。石村萬盛堂はこの文章に触発され、バレンタインデーの返礼としてマシュマロを渡す日を創設し、返礼用マシュマロ菓子として『君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ』とのコンセプトで、マシュマロを売り出すことにしました。
    最初は【マシュマロデー】と呼ばれていましたが、他業界もこのキャンペーンを拡張する為、1980年代に名称を『ホワイトデー』に変更しました。


    言ってしまえば、企業側が仕掛けたイベント商法みたいな感じですが、この日のおかげで告白が出来たり仲を深めやすい機会ができたのではないでしょうか


    ◆ホワイトデーのお返しの意味◆
    ホワイトデーのお返しをする際、モノによっては意味のあるお返し品になります。
    あまり意識をしている方は見たことがございませんが、場合によっては送る品物次第では最悪のケースを招いてしまう可能性もあります。

    ・マシュマロ(あなたの事が嫌い)
    理由:すぐに溶けてしまうので関係も薄い関係であるほのめかし。
    変わったことに、前述したマシュマロを送る意味とは全く異なった形で浸透しています。
    きっと同業者が広めた嫌がらせの可能性もありそうですね。

    ・キャンディー(あなたの事が好き)
    理由:甘さが長く楽しめるので、永く甘い関係を保ちたいという意味合いが含まれています。
    なるほど、、、ロマンチックがお好みの方は《フランス産のボンボンリゴレット》というキャンディーを送ってみてはいかがでしょうか?
    きっと想い人の笑顔が見れるはず!

    ・グミ(あなたとの関係を打ち消したい)
    理由:噛むと、すぐになくなってしまうから。
    食品だと全てこれに当てはまりそうな気もしますが、大切な人にグミを送るのは避けた方がよさそうですね。

    ・ホワイトチョコ(純粋な関係を望む)
    理由:チョコからホワイトチョコの流れで、同じ気持ちであるという意味合い。あとは白いという純白が純粋な関係を望みたいと良そうされたのではないでしょうか?
    ちなみに板チョコの場合『板についた関係』というダジャレのような意味合いもあります。

    ・マカロン(特別な人)
    理由:マカロンはお菓子の中でも高級な部類に入りますので、特別な人に贈る品として最近人気になってきております。

    ・クッキー(友達関係な人)
    理由:乾いてサクサクしている事から、あっさりとした関係を望む=クッキーみたいです。

    ・マドレーヌ(もっと仲良くなりたい人)
    理由:マドレーヌは貝のカタチをしているモノが多いことから、ピッタリと重なり合った関係になりたい=仲良くなりたいという意味合いが込められているそうです。

    他にもまだまだ沢山種類はあるのですが、とりあえず有名どころだけをあげてみました。

     
    まとめ

    かがでしたか?
    ホワイトデーのお返しで意味が一般的に認知されているモノをまとめてみました。
    だいたいが『オヤジギャグ』的なノリの連想ゲームに私は感じてしまいました。

    あまり意味合いを重視している方は少ないようにも思いますが、万が一相手が意味合いを知っていた場合
    あらぬ誤解を招いてしまう可能性もあるので、贈り物は慎重に考えなければなりませんね。
    私が思うに贈り物を選ぶ際は『相手が喜ぶ光景をイメージ』した方が、スマートだと思います。
    正直、、、意味合いを考えて送ったコトがないです。


    そういえば、最近暖かくなってきましたよね。
    近くでが咲いていたので写真を撮ってきました。

    そろそろ桜も美しく咲く時期になります。
    綺麗な写真が取れたらブログにもアップしていきます。



    それではまた次回
    (^_-)-☆

     





     


    ページ作成日 2019-03-14

カレンダー
 << 2020年6月  
ブログ&お知らせ

店舗紹介

店舗写真

株式会社ランドスタイル〒352-0002
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル TEL : 048-487-7225
FAX : 048-487-7226
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 火曜日・水曜日

会社概要
事業案内

新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産購入・売却・建築のことならランドスタイルにお任せください 我々、株式会社ランドスタイルは常に安全で安心して頂ける取引を心掛ける共に、顧客満足を追求し幸せな住生活を過ごして頂く為に最善の努力を致します。

10:00~19:00
定休日:水曜日
TEL:048-487-7225埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
QRコ-ド
スマホ対応