新年あけまして、おめでとうございます!【更新】新年あけまして、おめでとうございます! | 新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産のことなら株式会社ランドスタイル

048-487-7225
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
営業時間;10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
  • 新年あけまして、おめでとうございます!2019-01-05



    新年あけまして、おめでとうございます!

    皆様の、ご多幸をお祈り申し上げると共に
    今年もランドスタイルをどうぞよろしくお願い致します。


    2019年最初のブログになります。

    どうも金子です。

    皆さんはお正月、どんな風に過ごしましたか?
    私は去年から考えていた『カメラ』を始めたく、年末年始はカメラ探しをしていました。
    ようやく購入できたのでこれから
    ブログにも撮った写真を載せていきたいと思います。

    さて今年は【亥】年になりますが、十二支がどういう風に順番が決まったかご存知でしたか?
    本日は十二支にまつわる豆知識を書いていきます。
    少し物語調にしているので子どもにするお話の参考にしてもらえると嬉しいです。
     



    ◆十二支にまつわる物語

    先ず十二支は
    子(ね)・丑(うし)・虎(とら)・卯(う)・辰(たつ)・己(み)・午(うま)・羊(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・犬(いぬ)・亥(い)
    でしたね。

    本来【干支】という言葉は違う意味を持っていますが、日本では上記に上げた動物12種が干支として扱われています。
    これを【十二支】と呼んでいます。
    また【干支】(十二支)という考えは日本だけではなく、中国や朝鮮半島、モンゴルやロシアも同様の物語が存在するみたいです。

    世界各国の十二支
    ↑↑↑こちらに世界各国の十二支のリンクを載せておきます。↑↑↑

    さてここで、『なんでこの順番なんだ?』『猫や他の動物は?』といった疑問があったので調べてみました。
    (順番は諸説ありますが一番言い伝えられている有名な諸説をあげます)

     
    【十二支物語】
    昔々、天井の玉皇大帝という神様が12種類の動物を利用して年を表そうと考えていました。
    ところがこの神様、その順番をどうするか悩んでしまったのです。

    『私は犬が好きだから、犬を一番最初にしようか。いや猿が最初でもいいかな。んー待てよ、鳥も捨てがたいし馬もいいな・・・えーい、いっそのこと競争で決めちゃおう!』

    という事で動物たちによる競争によって一年のリーダーを決めるお触れが出されたのです。

    動物たちは、我こそが一番になろうと思い、前日の夜や当日の早朝からそれぞれ神様のもとを目指します。
    神様からのお触れが出された時、牛は自分が歩くのが遅いコトを知っていた為、前日の夜から歩きはじめました。
    ここで賢いねずみは、牛が前日の夜からスタートするのを見ていたので、牛の上にのせてくれとお願いをし
    牛と一緒に出発をします。
    前日から出発をしていた牛は他の動物より先に神様にたどりつきました。
    が、到着寸前にねずみが牛の背中から飛び出し神様のもとへ一番に挨拶をしたことから、最初にねずみ
    次に牛という順番になりました。

    その次に虎ですが、龍とどちらも譲らないデッドヒートをしていた所、ウサギが龍の邪魔をし虎とウサギが先にゴールしてしまいました。
    唖然としていた龍ですが、振り返るとすぐそこにはヘビが迫っていました。
    龍は威厳もあり頑張って修行をし飛べるようになった為、
    『これ以上順位を落とすわけにはいかない』と思いヘビにこう言いました。

    「ヘビよ!お前はこのオレ、龍に似ているなんてまさか思っていないよな?角は無いし、身体はヒョロヒョロで空も飛べない。オレがヘビだったら人前には出れないな。」
    なんて威嚇をしました。

    ヘビは『・・・そうだよなー』なんてションボリしながら龍の後ろに行き、龍⇒ヘビという順番になりました。
    その次に少し遅れてやってきたのが馬と羊です。
    馬と羊は普通に競争をしていました。

    その後もまたひと悶着がありました。
    順番は猿⇒鳥⇒犬なんですが、よく《犬猿の仲》って聞きますよね。

    猿と犬は終始どっちが先にゴールをするかケンカをしていたため、鳥が仲裁に入りこの順番になったそうです。
    鳥が仲裁に入る程のケンカ、一体どんなケンカをしていたのでしょうか・・・

    そした最後は今年の干支でもある《イノシシ》
    本当だったら1位を取っていたと言われているんです。
    イノシシは猪突猛進で一直線に駆け抜ける動物なので本当は1番でゴールをしていました。
    が、そのままゴールを通り過ぎ突っ走ってしまった為に、慌てて急いで戻ってきた頃には一番最後になってしまいました。
    ちょっとかわいそうですよね。。。

    これが十二支の順番にまつわるお話になります。

     
    【選ばれなかった動物たち】
    当然選ばれなかった動物たちもいます。
    最も代表的なのが《猫》になります。

    猫もこの神様の競争を知っていました。
    しかしその話はネズミから教えてもらったのです。
    ネズミは賢い(ズル賢いのか日々イジメられていた仕返しなのか)ので猫に競争日翌日の日にちを伝えたのです。

    競争が終わった翌日に猫は張り切って神様のもとへ行ったのですが、
    神様から『何を寝ぼけておる!競争は昨日とっくに終わっておる!顔を洗って出直して来い!』と言われガックリしていました。

    猫は『ネズミの奴め・・・絶対に許さない!』と怒りネズミを追いかけるようになりました。
    また猫が顔を洗う仕草も神様に顔を洗って来いと言われた為にしているそうですよ。


    その他にも動物はいたのですが、12位以降だったりしたので諦めて帰っていきました。
    が、どーしても諦めきれない動物が1匹いたのです。


    それは《イタチ》です。
    イタチは神様に何回もお願いをし、皆に内緒で入れてもらいました。
    それは1日《ツ・イタチ》の日です。
     
    【ゴール後の動物たちのエピソード】

    牛はネズミに出し抜かれて2番となったわけですが、
    『2番だったら満足だ』なんて思ってそのままにしたみたいです。

    虎は神様のこの競争を噂で聞いていたため、半信半疑のまま参加をしていました。
    噂がウソだったら恥ずかしいので少しだけ遅くでたので3着になりました。

    ウサギの4着は単にウサギが速かったわけではなく、皆が休んでいる間もピョンピョンと進んでいたので4着になりました。

    龍とヘビの順位ですが、同時に神様のもとへゴールをしています。
    ヘビは龍が空を飛べる程に修行を積んで尊敬に値する存在であることを知っていたので、
    龍に順番を譲ったそうです。

     


    以上が干支にまつわるお話になります。

    いかがでしたか?
    物語調にしてみたので子どもにするお話の参考にも出来そうな気がします。

    今年もたくさん物件情報だけでなく、いろいろな情報を発信していきますので楽しみにして下さい!

    よかったらブックマークお願いします!


    それでは
    今年もよろしくお願いします!



     


    ページ作成日 2019-01-05

カレンダー
 << 2019年6月  
ブログ&お知らせ
フリーワードから探す

店舗紹介

店舗写真

株式会社ランドスタイル〒352-0002
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル TEL : 048-487-7225
FAX : 048-487-7226
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 毎週火曜日・水曜日

会社概要
事業案内

新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産購入・売却・建築のことならランドスタイルにお任せください 我々、株式会社ランドスタイルは常に安全で安心して頂ける取引を心掛ける共に、顧客満足を追求し幸せな住生活を過ごして頂く為に最善の努力を致します。

10:00~19:00
定休日:水曜日
TEL:048-487-7225埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
QRコ-ド
会員登録がお済ではない方はこちら。
スマホ対応