設計のお仕事 ~職業病~【更新】設計のお仕事 ~職業病~ | 新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産のことなら株式会社ランドスタイル

048-487-7225
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
営業時間;10:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日
  • 設計のお仕事 ~職業病~2018-10-02

    こんにちは!スタッフHです!(^^)!

    10/2は湿度の低い気持ちのいい日でしたが、図面を書いたり、チェックしたりと事務所に引きこもっておりました。

    最近は設計スタッフ2人に図面書きを主にやってもらい、私は図面のチェック作業が多くなっています。


    ちょっと前の話ですが、夏休み明けの日。

    図面のチェックが溜まっていたため、一人出勤の日で黙々と図面のチェックをした日がありました。

    仕事が終わるころには、右腕に怠さを感じていました。

    そして、翌日・翌々日・一週間後と日が経つにつれて、右腕の怠さが痛みに変わり、ペンを持つのも辛くなってしまったのです(;´Д`)

    4年ほど前には図面を高速で頑張って書きすぎて、右の親指の付け根が腱鞘炎になってしまいました。

    その時もとても痛くて、スポーツ外科で診てもらい、ステロイドを注射して治りました。

    今回、腱鞘炎が再発したのだと思い、また先生に診てもらいましたところ「テニス肘ですね~」と。

    テニスなど全くしませんけど、テニス肘。。。???

    テニスでバックハンドで打ち返すときに肘の外側に負担がかかり肘を痛めるため、肘の外側が痛むことを通称「テニス肘」と呼ぶようです。

    「野球肘」は肘の内側が痛むときの通称だそうです。

    「テニス肘」は最近は、事務仕事をする人に増えているそうです。

    親指・人差し指を動かす腱は、親指の付け根につながっており、そこから肘の外側につながっていきます。

    指を動かしたり、手首を反らせる動きが原因で痛めてしまうようです。

    キーボードを打ったり、文字を書いたりする動きが原因になるようです。

    以前に腱鞘炎をやったため、右手の握力が落ちてしまい、不便を感じる時もあるなか、

    今度は肘を痛めてしまい、しかも仕事からくるもののため万年病になりそうです。

    私の右手、脆すぎて泣けます( ;∀;)

    病院で痛み止めと湿布をだしてもらい、2週間くらいしたら治りました。

    しかし、先日のように一日中、図面をチェックしていると夕方には痛みを感じます。。。

    右手にはまだ30年くらいは働いてもらないとならないので、大事にしてあげなきゃと思います。


    皆様も色々なご職業で、職業病があるかと思いますが、痛むときや辛い時は養生しましょうね!

    では、今日も図面のチェックを頑張ります!!


    スタッフHでした~


    ページ作成日 2018-10-02

カレンダー
 << 2020年11月  
ブログ&お知らせ

店舗紹介

店舗写真

株式会社ランドスタイル〒352-0002
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル TEL : 048-487-7225
FAX : 048-487-7226
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 火曜日・水曜日

会社概要
事業案内

新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産購入・売却・建築のことならランドスタイルにお任せください 我々、株式会社ランドスタイルは常に安全で安心して頂ける取引を心掛ける共に、顧客満足を追求し幸せな住生活を過ごして頂く為に最善の努力を致します。

10:00~19:00
定休日:水曜日
TEL:048-487-7225埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
QRコ-ド
スマホ対応