設計のお仕事 ~環境を考える~【更新】設計のお仕事 ~環境を考える~ | 新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産のことなら株式会社ランドスタイル

048-487-7225
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
営業時間;10:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日
  • 設計のお仕事 ~環境を考える~2018-09-04

    こんばんは!スタッフHです(*^-^*)
     
    今日は「THE 台風」というお天気ですね。
     
    建築中の現場の様子が心配です。
     
    現場は監督さんの方で見て下さっていますので、連絡が無いということは問題が無いということ思います。
     
     
    お盆休み中の話になりますが、お友達の家族と那須に行ってきました。
     
    お目当ては今年の6月にオープンした『ボタニカルガーデン アートビオトープ』です!
     
    「ビオトープ」という言葉を聞いたことはありますか??
     
    建築やアート、または環境保全に興味がある方はご存知かと思います。
     
    私は10年前にサスティナブルをコンセプトとしたプロジェクトの提案で見聞きしたのが初めてでした。
     
     
    「ビオトープ」とは、、、
     
    ドイツ語で生き物(Bio)がありのままに生息活動する場所(Top)を意味する合成語。
     
    近年では、生物、特に小動物が生きられる環境を再現した〈場所〉を指す言葉として使われています。
     
    開発優先への反省から、池を作り、草木を植え込み自然に昆虫や魚や小鳥が戻るようにしようと
     
    1970年代にドイツで公園や河原の条件を整えて野生生物を呼び戻す運動が起こり、
     
    日本でも関心が高まり、公園やビルの屋上などにもビオトープが作られています。
     
     
    那須の『ボタニカルガーデン アートビオトープ』は、伐採されてしまう予定だった樹々を植樹し、その周りに池をつくり、
     
    植物と生物の活動の場にしただけでなく、設計を建築家の石上純也氏が手掛けています。
     
    300本の樹々の配置を枝ぶりを再現した模型を作り、緻密に検討し、どの方角からみても樹々が重ならないようにしているそうです。
     
    また、160個を超える池は人工池で、8つのブロックに分けて高低差を利用し、池から池へ水を循環させているそうです。
     
    池の水面と地盤面をフラットにすることで自然ではあり得ない景色を創り出していました。
     
    建築家のこだわりを感じるとても幻想的な風景で、一見の価値がありました(^◇^)




     
    人の活動のために樹を伐採し、動植物の環境を破壊してしまうことがどうしてもあります。
     
    企業がこうした植樹などを手掛け、環境を守っていくことはとても素晴らしいと思います。
     
    私も一人の作り手として、環境に意識を向けていきたいと思いました。
     
     
    ボタニカルガーデン アートビオトープには、併設するガラス工房や陶芸工房、レストランもあり、一日楽しめます!
     
    レストランのお食事は美味しかったです(^^♪
     
    興味のある方は↓
     
     
     
     


    ページ作成日 2018-09-04

カレンダー
 << 2020年11月  
ブログ&お知らせ

店舗紹介

店舗写真

株式会社ランドスタイル〒352-0002
埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル TEL : 048-487-7225
FAX : 048-487-7226
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 火曜日・水曜日

会社概要
事業案内

新座市・志木市・朝霞市・和光市の不動産購入・売却・建築のことならランドスタイルにお任せください 我々、株式会社ランドスタイルは常に安全で安心して頂ける取引を心掛ける共に、顧客満足を追求し幸せな住生活を過ごして頂く為に最善の努力を致します。

10:00~19:00
定休日:水曜日
TEL:048-487-7225埼玉県新座市東3丁目5番11 LSビル
QRコ-ド
スマホ対応